12の約束

12の約束

「また来たい」と思ってもらえるゴルフ場実現のために
「12の約束」を実行しています。
 私たちの日々の行動内容をご紹介いたします。

  • 鹿沼カントリー倶楽部 2020年1月号 第107号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    鹿沼カントリー倶楽部 営業フロント 大出華織*写真左

    個人目標として、私はお客さまの目を見て丁寧な接客を心掛けています。忙しい時こそお客さまの気持ちになって、これまで以上に真摯に取り組んでいきたいて思います。


    鹿沼カントリー倶楽部 営業フロント 仁平舞*写真右

    フロントではバリューアッププロジェクトがスタートしています。福田さんを中心にショートミーティングが始まりました。2~3分でチェックインと売店の内容確認、自分で立てた目標を振り返ります。笑顔の挨拶、接客は毎月目標に取り入れ、皆の模範となるよう頑張ります。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2019年11・12月号 第106号 私たちは、感謝の心を大切にします。
    鹿沼72カントリークラブ 調理 熊倉徹 *写真左から、桑原さん、熊倉さん

    現在人手不足のため、洗い場のスタッフに大変忙しい想いをさせてしまっています。そんな中でホールの桑原君が、下げ膳の仕仕分けをしてくれています。燃えるゴミや割りばしを取り除いたり、同じ皿を重ねて洗い場に持ってきてくれます。それを見て、他のスタッフも手が空いた時にやってくれるようになってきました。皆の心遣いに感謝しています。
  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2019年11・12月号 第106号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 マスター室 館野容子

    お客さまが便利なように、雨の日の乾燥室で干すハンガーに、洗濯バサミを付けてみました。お客さまからいいとのお声を頂きました。お客さまの気持ちになって行動していきたいと思います。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2019年11・12月号 第106号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼72カントリークラブ コース管理 細井陸矢

    先日、休憩のため事務所に戻ろうとしたところ、走行中のカートからお客さまが転落したのを見かけました。急いで駆け寄り「大丈夫ですか」と声を掛けたところ「大丈夫」と仰られたのですが、念のため救急箱をお持ちしました。今後も困っているお客さまがいらっしゃいましたら、積極的に声掛けを行っていきたいと思います。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2019年11・12月号 第106号 私たちは、感謝の心を大切にします。
    鹿沼カントリー倶楽部 マスター室 小室一昭

    初めて鹿沼CCにいらっしゃった女性のお客さまが「今日はとても楽しかったです。スタッフの対応がとても素晴らしかったです。どうぞ皆様にお伝えください」と言ってお帰りになりました。とても嬉しいお言葉を頂きました。この言葉こそ、我々が目指しているところだと思います。これからも頑張ります。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2019年11・12月号 第106号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    鹿沼カントリー倶楽部 営繕 大塚友子

    出社している時、北コース練習場グリーンにいたお客さまに「おはようございます。いってらっしゃいませ」と言うと、びっくりした顔で「行ってきます。こんな挨拶初めてだよ。今日一日楽しく過ごせるよ。ありがとう」と仰っていました。私もこの一言で、仕事を一日楽しくでき嬉しくなりました。挨拶、そして付け加えの一言の大切さを思い知りました。これからも明るく挨拶しようと思います。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2019年11・12月号 第106号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼カントリー倶楽部 営業フロント 髙橋葉月

    先日、割引券を失くしてしまったというお客さまから電話があり、プレー日前に割引券をお送りすることにしました。一年ぶりにご来場されるとのことで、割引券、料金表に加え、添え状とメッセージとプレー日のスタートコース、時刻を記載したものも一緒に送りました。後日そのお客さまがご来場された際「あなたが髙橋さんね、すぐに送ってくれてありがとう!嬉しかったです!」と笑顔で仰ってくださいました。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2019年11・12月号 第106号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    鹿沼72カントリークラブ キャディ 矢内ヨシエ

    いつも来場してくれるお客さまが「72CCのスタッフの皆さんはいつも笑顔で話しかけてくれて、とても楽しくプレーができるよ。他のゴルフ場では話すこともないしつまらない。だからまた72CCに来たい」と仰っていました。これからもお客さまに笑顔で接したいと思います。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2019年10月号 第105号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼カントリー倶楽部 コース管理 柴田広巳 *写真落合さん

    お客さまから「バンカーがきれいに均してあって気持ちがいいね」とお褒めの言葉をいただきました。朝、落合さんが作業してくれたお陰です。落合さんは「ばんかーは法面もきれいに均さないと美しく見えない」と言っていました。お客さまに落合さんの思いが伝わりました。これからもお客さまのことを考え、作業していきたいと思います。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2019年10月号 第105号 私たちは、身だしなみを整えます。私たちは、自発的に行動します。私たちは、笑顔で挨拶します。
    鹿沼カントリー倶楽部 レストラン 石澤美佳 *写真左から、石澤さん、西村さん、松本さん

    接客中に、私の名札を見て「石澤さん、生ビールひとつね!」など名前で呼んでくださるお客さまがいらっしゃいます。名前で呼ばれると、やはり嬉しくなります。身だしなみを気を付けると共に名札もきちんと身につけていきたいと思います。


    鹿沼カントリー倶楽部 レストラン 西村朋子

    レストランではお客さまの名前を言ってから料理を提供します。お客さまからは「名前を呼んでくれるゴルフ場なんて初めてだよ。すごいサービスだね!」と仰ってくださいました。これからもお客さまに喜んでいただけることを、続けていきたいと思います。


    鹿沼カントリー倶楽部 レストラン 松本雛々羽

    先日お客さまから「朝、レストランで過ごす時間がとても楽しみなんだ。いつもありがとう!」とのお声をいただきました。そう思っていただけることをとても嬉しく思います。これからも、たくさんのお客さまにレストランに来るのが楽しみだと思ってもらえるよう、心温まる笑顔を心掛けていきたいです。
  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2019年10月号 第105号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 営業フロント 石川いく子 *写真は髙野さん

    調理の髙野さんは、連絡する時も納品のチェックをする時も常に笑顔でニコニコ仕事をされており、私も見習わなければと思っております。電話対応はお客さまの顔が見えないですが、笑顔が届くような対応、ご来場されたお客さまやスタッフの方々に笑顔の挨拶を心がけて仕事したいと思います。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2019年10月号 第105号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼72カントリークラブ キャディ 廣瀬利江

    10月に入っても日中は太陽が出るととても暑く、お客さまも水筒を持参して水分補給をしていました。ハーフ上がり、カートの中のお客さまの水筒を持ち上げると氷が入っていませんでした。午後のラウンド開始時に氷を用意して持っていくと「私のために用意してくれたのですか、こんなキャディさん今までいなかったですよ。すごく嬉しい!」とおっしゃっていただき、何よりもお客さまのお役に立てた事に私自身も嬉しくなりました。これからも、お客さまのために行動します。