12の約束

12の約束

「また来たい」と思ってもらえるゴルフ場実現のために
「12の約束」を実行しています。
 私たちの日々の行動内容をご紹介いたします。

  • 鹿沼カントリー倶楽部 2019年9月号 第104号 私たちは、心から仕事を楽しみます。
    鹿沼カントリー倶楽部 営業フロント 福田絵里

    先日、メンバー様からバースデーカードをのお礼のメールをいただきました。手書きのメッセージに感激されたとの事。驚きや嬉しさと共に、とても身の引き締まる思いでした。これからもお客さまのありがとうという気持ちのために頑張っていきたいと思います。
  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2019年9月号 第104号 私たちは、お客様さま第一で行動します。
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 マスター室 館野容子 *写真は橋本さん

    先日橋本キーパーがお客さまをカートに乗せてクラブハウスに戻ってきました。お客さまが忘れ物をしたので、作業の手を止めてお連れしたようでした。その後もお客さまをコースにお送りしました。私もお客さま第一で行動します。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2019年9月号 第104号 私たちは、感謝の心を大切にします。
    鹿沼72カントリークラブ 調理 上田和仁 *写真左から 梅原さん、丸山さん、上田さん、大櫛さん、大塚さん

    毎日パートスタッフが仕込みなど手伝ってくれるので助かっています。いつも「何か手伝うことはありますか?」と声を掛けてくれます。こちらが言わなくても手伝ってくれることに感謝し、これからも協力し合っていきたいと思います。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2019年9月号 第104号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼72カントリークラブ コース管理 紺野徹

    事務所に戻ろうとしていたら、お客さまが乗ったカートが進入路を上がってきたので「どうかしましたか?」と声を掛けたところ「筑波17番に行きたいのだけど道がわからない」と言われたので、軽トラで先導し、ご案内しました。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2019年9月号 第104号 私たちは、チームプレーに徹します。
    鹿沼カントリー倶楽部 営繕 小林勝子 *写真左から 小林さん、新村さん

    先日、お客さまがロッカーキーを失くされ大変困っていらしたので、あちこち探してみましたが見つからずにいました。カート係の新村さんが「もしかしたらカートの中かもね。何号車を利用したのか調べてもらったら」と言ったので、マスター室にいた手塚さんに教えていただきました。確認したところ、ロッカーキーはカートの下に落ちていました。お客さまに渡すと「本当に助かりました。ありがとう!」と仰ってくださいました。新村さん、そして手塚さん、お忙しい中助かりました。ありがとうございました。
  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2019年8月号 第103号 私たちは、心から仕事を楽しみます。
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 営業フロント 石川いく子

    電話で微笑ましい問合せがあります。「コース内に虫はいますか?どのような虫ですか?虫除けは持参したほうがいいですか?」一週間後の天気を聞かれることもあります。虫についてはマスター室に対応を代わってもらいますが、猛暑の中ご来場くださるお客さまの色々な問い合わせに対応して、少しでも情報を提供し、また来たいと思ってもらえるように楽しく仕事をしていきたいと思います。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2019年8月号 第103号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼カントリー倶楽部 キャディ 多田タカ子

    ご一緒させていただいたお客さまのヘッドカバーがほころんでいたので、昼休みに縫って差し上げたところ「直してくれたんだ。ありがとう!」と大変喜んで頂きました。今後もこのような時には、少しでもお役に立ちたいと思います。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2019年8月号 第103号 私たちは、素直な気持ちで成長します。
    鹿沼72カントリークラブ キャディ 川村広子

    毎回セルフでプレーしているお客さまが、キャディ付きでプレーした際に「セルフプレーとキャディ付きの違いがよくわかりました。キャディさんがいれば安心だし、何より楽しい。ボールもすぐに見つけてくれるし、自分でやらなくてはいけない事の手間が省けてプレーに集中できる。その結果スコアが良くなる」と仰って下さいました。キャディ付きにして良かったとの声をたくさん頂けるように頑張ります。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2019年8月号 第103号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼カントリー倶楽部 営繕 石川京子

    ロッカー室にいたお客さまが浴室を探している様子でしたので、お声掛けし、ご案内しました。そのお客さまが「とてもいいお湯でしたよ」と
    言ってお帰りになりました。とても嬉しかったです。これからも常にお客さまに目を向け、困っている方がいればお声掛けしていきたいと思います。
  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2019年8月 第103号 私たちは、素直な気持ちで成長します。
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 調理 石澤京子 *写真左から 石澤さん、松本さん

    調理師の松本さんが下げ膳をして下さったので「ありがとう。でもどうしたの?」と尋ねると「お客さまの食べ残しをチェックしてるんです。何の料理が残っているのかを確認して、今後に活かそうと思っています」と言っていました。松本さんの検挙さと向上心に心を動かされました。
  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2019年6月号 第101号 私たちは、チームプレーに徹します。
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 調理 竹澤和枝 *写真左

    洗い場が忙しい時、板橋部長が「がんばれ~」と声を掛けてくれました。気持ちが和らいで笑顔になれました。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2019年6月号 第101号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    鹿沼カントリー倶楽部 営業 米谷彰子

    コンペの面談で初来場のお客さまに、良かった点と悪かった点をお聞きしました。このコンペは、30歳代前半の方が多かったです。コースのメンテナンスも良いし、レストランスタッフの挨拶がとても気持ち良かったと絶賛されていました。心のこもった明るい挨拶だったのではないかと思います。次回は必ず鹿沼CCでコンペを開催すると仰って頂きました。