12の約束

12の約束

「また来たい」と思ってもらえるゴルフ場実現のために
「12の約束」を実行しています。
 私たちの日々の行動内容をご紹介いたします。

  • 鹿沼72カントリークラブ 2020年3月号 第109号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    鹿沼72カントリークラブ マスター室 前野清 *写真左から 前野さん、矢内さん

    週に何度か来場されるお客さまに「あなたは本当の笑顔が素敵だね。でも一番はキャディの矢内さんで、次のニコちゃんはあなただよ。」とお会いするたびに行って頂き励みになります。
  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2020年3月号 第109号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 マスター室 金山忠夫

    よくご来場されていたお客さまが、久しぶりに来場されました。90歳になりますが自分で車の運転をされ、元気でしゃきしゃきしておられました。元気にゴルフをする姿を見て、私も元気を貰いました。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2020年3月号 第109号 私たちは、感謝の心を大切にします。
    鹿沼カントリー倶楽部 コース管理 三村寧

    お客さまに「お疲れ様でした。どうもありがとうございます。お気をつけてお帰りくださいませ」と挨拶をして進入路の落ち葉回収に入りました。しかし、そのお客さまのニコニコの笑顔に相応しい態度ではなかったと感じ、情けなくて悔しくて申し訳ない気持ちで作業していました。そこへ車が止まり、先程のお客さまが挨拶してくださいました。「お客さま、本日はどうもありがとうとうございます。近々のご来場を心よりお待ちしています」と今度は相応しいと思う言葉が言えました。お客さまに救われました。車が見えなくなるまで頭を下げました。ありがたくて「生涯忘れることない」と思いました。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2020年3月号 第109号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼カントリー倶楽部 営繕 大塚友子

    トイレでお客さまに「お疲れさまでした」と声を掛けたら「ここの従業員はみんな気持ちのいい挨拶をするね。さっきもコース管理の人が手を止めて帽子を取って挨拶してくれたよ。メンバーとしてとても鼻が高いよ」と仰っていました。同じ仲間として私もとてもうれしかったです。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2020年3月号 第109号 私たちは、感謝の心を大切にします。
    鹿沼カントリー倶楽部 営業フロント 安中ひなた

    先日、誕生月にご来場されたメンバー様にタオルとバースデーカードをお渡ししました。すると昨年のカードを大切に持っていると見せてくださいました。そして「また来年も楽しみにしているよ」とのお声をいただきました。通ってくださる皆様に感謝の気持ちを持って業務に取り組んでいきたいと思いました。 
  • 鹿沼72カントリークラブ 2020年3月号 第109号 私たちは、感謝の心を大切にします。
    鹿沼72カントリークラブ マスター室 梅澤優子

    「いつ来ても元気で良いね!」と言われました。「お客さまと話したり笑ったりすることが、私にとっては元気に仕事をする力になります」と言いました。すると「そうだよね」と言っていただきました。お客さまや仲間に感謝しながら、これからも頑張っていきたいと思います。 
  • 鹿沼72カントリークラブ 2020年3月号 第109号 私たちは、笑顔で挨拶します。 私たちは、チームプレーに徹します。
    鹿沼72カントリークラブ レストラン 荻原麻貴 *写真左から 荻原さん、鈴木さん

    笑顔を絶やさず、お客さまに気持ち良く過ぎしていただけるように心掛けていきたいと思います。


    鹿沼72カントリークラブ レストラン 鈴木瞳

    混み合って自分の手が空いていない時、お客さまがいらっしゃったり呼ばれたりした場合は、すぐに他のスタッフに声を掛け、なるべくお待たせしないようにしています。バッシングも状況に応じて役割を決めて取り掛かっています。 
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2020年1月号 第107号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼カントリー倶楽部 レストラン 善林明里

    お客さまがお箸を落とされ、呼ばれる前に新しいお箸をお持ちしたところ「よく気付いてくれたね、お客さんのことをよく見ている証拠だ。ありがとう!」と仰って頂きました。これからもお客さまの気持ちになって行動したいです。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2020年1月号 第107号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼カントリー倶楽部 調理 本多智子

    仕事帰りに、駐車場からお客さまが小雨の中傘も差さずに歩いているのをお見掛けしたので、お声掛けし、玄関まで傘を差してお送りしました。余計なことかと思いましたが、お客さまから「ありがとう、助かったよ!」と言われ、ちょっぴり気分が良く嬉しかったです。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2020年1月号 第107号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    鹿沼72カントリークラブ 調理 早乙女啓子

    昨年の9月に入社して4ヵ月が過ぎました。入社して感じたことは、会社の皆さんが笑顔で挨拶をしてくれることでした。厨房でお世話になっていますが、皆さん快く受け入れてくれました。朝「おはようございます!」と入っていくと皆さんの元気の良い返事が返ってくる!!その声を聞くと「今日も頑張ろう」と力が湧いてきます。笑顔の挨拶は人の心を豊かにしてくれます。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2020年1月号 第107号 私たちは、常に挑戦します。
    鹿沼72カントリークラブ コース管理 大貫一彦 *写真左から 紺野さん、大貫さん

    先日のこと、紺野君に「パワーショベルに挑戦してみる?」と聞くと「ハイ!」という返事でした。機械の操作を説明して練習したところ、筋が良く短期間で覚えることができました。これからも色々な機械に挑戦していって欲しいと思います。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2020年1月号 第107号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    鹿沼カントリー倶楽部 営業フロント 大出華織*写真左

    個人目標として、私はお客さまの目を見て丁寧な接客を心掛けています。忙しい時こそお客さまの気持ちになって、これまで以上に真摯に取り組んでいきたいて思います。


    鹿沼カントリー倶楽部 営業フロント 仁平舞*写真右

    フロントではバリューアッププロジェクトがスタートしています。福田さんを中心にショートミーティングが始まりました。2~3分でチェックインと売店の内容確認、自分で立てた目標を振り返ります。笑顔の挨拶、接客は毎月目標に取り入れ、皆の模範となるよう頑張ります。