12の約束

12の約束

「また来たい」と思ってもらえるゴルフ場実現のために
「12の約束」を実行しています。
 私たちの日々の行動内容をご紹介いたします。

  • 鹿沼72カントリークラブ 2018年5月号 第88号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼72カントリークラブ コース管理 大貫一彦 ※写真左から 高橋さん、大貫さん

    男体2番でお客さまの打ち込んだボールが4番グルーンの上に飛んで行ってしまいました。4番グリーン上には別のお客さまがおり、後続者が打ったと勘違いして怒っていました。たまたまそこに通りかかった高橋チーフと私で2番、4番のそれぞれのお客さまへ、事情を話しにいきました。それを聞いた4番グリーンのお客さまが、「後続者にお詫びをしてほしい」とのことでしたので、お詫びにいきました。お客さまは渋い顔をしているように見えましたが、ご理解いただけました。お客さまの大きな事故に繋がらなくて良かったと思いました。

  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2018年5月号 第88号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 総務経理 松永泰枝 ※写真は長谷川さん

    お客さまから「エアガンのところに仕切りをつけて欲しい」とのご要望がありました。営繕の長谷川さんにお願いし、仕切りを作っていただきました。後日そのメンバー様が来場し大変喜んでくださり「心遣いが感じられてとてもいいですね」とのお声も聞かれます。すぐに対応してくださった長谷川さん、営繕の皆様に感謝いたします。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2018年4月 第87号 私たちは、常に挑戦します
    鹿沼72カントリークラブ マスター室 福田愛子

    私は帰るお客さまと話をするのが好きです。お帰りの際に「今日は桜も満開で最高のゴルフでしたね」とお声掛けすると「いい時に来てよかったよ」とおっしゃってくださいました。これからも自発的にお客さまへお声掛けすることに挑戦していきたいと思います。
  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2018年4月 第87号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 レストラン 小倉美香

    料理提供や片付けを行うことが増え、お客さまとの些細な会話や挨拶をすることがあり「ありがとう」や「おいしかった」と言っていただくことがあります。お客さまから常に見られている為、態度や表情に気を付け引き続き笑顔で接客をしていきます。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2018年4月 第87号 私たちは、素直な気持ちで成長します。
    鹿沼カントリー倶楽部 調理 薄井正治

    お客さまの声で「和食の日替わりランチがめちゃくちゃ美味しかったですよ!」「バイキングも種類が豊富で食べすぎました!」などのお褒めの言葉をいただくと、仕事の励みになります。時には「あまり美味しくなかった」というお言葉をいただくこともあります。そのような時は、どのメニューのどこが美味しくなかったのかを確認し、お客さまの立場になり、改善していこうと思います。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2018年4月号 第87号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼カントリー倶楽部 営業フロント 木村崇史 ※写真左から 石川さん、篠崎さん、米谷さん、神山支配人

    先日、焼肉鹿翔苑にて若い男性のお客さまが意識を失ってしまい、米谷マネージャーを中心に心臓マッサージ、AEDによる救命活動を行いました。幸いお客さまの意識は回復したようで本当に良かったです。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2018年3月号 第86号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼72カントリークラブ コース管理 大嶋将太

    プレーしていたお客さまがティーショットをOBしてしまい、そのボールを拾いに行ってお客さまにお渡ししたところ「ありがとう」と言って頂き、拾いに行って良かったなと思いました。これからもお客さまに喜んでいただけるよう作業にあたりたいと思います。
  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2018年3月 第86号 私たちは、常に挑戦します
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 レストラン 赤間幸子

    レストランではカフェラテを販売しています。最初は上手にミルクを泡立てることが出来なくて何回も失敗しました。でも練習を重ねるごとに、アートまではいかないけれど出来るようになりました。一杯でもたくさんのお客さまにおいしいカフェラテが提供できるように日々挑戦していきたいと思います。
  • 富士御殿場ゴルフ倶楽部 2018年1月号 第84号 私たちは、心から仕事を楽しみます。
    富士御殿場ゴルフ倶楽部 レストラン 渡辺理恵

    ある日、朝からハイタッチしてくるメンバー様がいらっしゃいました。ラウンド終了後に「ハイタッチのおかげで今日はスコアが良かったんだよ」と言っていかれました。それを機に来場されるとハイタッチでご挨拶。いまだに数年続いています。お客さまに喜んでいただけて、とても嬉しく思います。
  • 鹿沼72カントリークラブ 2018年1月号 第84号 私たちは、お客さま第一で行動します。
    鹿沼72カントリークラブ レストラン 桑原天翔

    いつも帰りによるコンビニでスコアカードを見ている人がいました。よく見ると鹿沼72のスコアカードです。お声掛けすると「レストランに異動になったのですね」と私のことを覚えていてくださいました。月に1,2回利用してくださるビジター様でした。初めてのラウンドも鹿沼72とのことでした。お客さまを大切にしていきたいと改めて思いました。
  • 鹿沼カントリー倶楽部 2018年1月号 第84号 私たちは、笑顔で挨拶します。
    鹿沼カントリー倶楽部 レストラン 井上典子

    仕事が終わり、駐車場を歩いていたところ、車に荷物を積んでいるお客様がいらしたので「お疲れ様でした。気をつけてお帰りください」と声をお掛けしました。すると「とても明るく素敵な笑顔だね。スコアは良くなかったけど良い気分で帰ることができるよ」とおっしゃっていただまきした。「次回は井上さんの明るい笑顔を見にレストランに行くよ」と嬉しいお言葉をいただきました。
  • 栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 2018年1月号 第84号 私たちは、自発的に行動します。
    栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部 コース管理 足助好幸

    鹿沼ネットにも掲載しましたが、グリーン上に設置する看板を、グリーンに刺して立てるものを加工し、脚を付けて、グリーンに置く形に変更しました。このことで作業がとてもスムーズに行えるようになりました。これからも気付いたことを自発的に行いたいと思います。